【楽天】ユーキリス、お目覚め来日1号「一歩ずつ進む」
 ◆西武2―5楽天(29日・西武ドーム) 高いトップから右胸あたりにグリップを落とすと、ユーキリスは体に巻き付けるようにバットを振り切った。角度よく上がった打球が、そのまま左翼スタンドに吸い込まれた。1点リードの6回、先頭で打席に入ると西武の先発・菊池の142キロ直球を左越え1号ソロ。「そんなにホッとはしていない。長いシーズンどこかで本塁打は出るから」。期待の超大物助っ人は、冷静に来日1号を振り返った。...