【センバツ】広島新庄・山岡、171球も「まだいけた」再試合も投げる
 ◆第86回センバツ高校野球大会第8日 ▽2回戦 広島新庄1─1桐生第一=延長15回引き分け再試合=(29日・甲子園) 新庄(広島)のエース左腕・山岡就也投手(3年)が、桐生第一(群馬)の2年生右腕・山田知輝投手と延長15回を投げ抜く投手戦を演じた。試合は1―1の引き分けで、決着は30日の再試合に持ち越された。明徳義塾(高知)は岸潤一郎投手(3年)が11奪三振で2試合連続完投し、10年ぶりのベスト8。龍谷大平安(京都)は6年ぶりの8強進出を決めた。...