東海大相模、母校へがい旋 500人が祝福 (4月4日 15:47)
 選抜高校野球大会で11年ぶり2度目の優勝を果たした東海大相模ナインが4日、優勝旗を手に神奈川県相模原市内の同校に凱旋し、学校関係者ら約500人が大きな拍手で祝福した。 ナインがバスを降り、校庭に移動すると「おめでとう」と歓声が沸き上がった。優勝報告を行った門馬敬治監督は「たくさんのご声援の結果、日本一を取ることができました」とあいさつ。金メダルを首に下げた佐藤大貢主将(3年)は「多くの人に出迎えてもらい実感が湧いてきました。このメダルを本当は東北の選手にもかけさせてあげたい」と優勝の味をかみしるとともに、被災地の球児をおもんぱかった。 狙うは甲子園春夏連覇。佐藤は「夏勝てないと真の日本一にな...