FAを短縮、ドラフト会議は一括開催
 日本プロ野球組織(NPB)は31日、東京都内で12球団代表者会議を開き、今秋からの新人選択会議(ドラフト会議)は高校生、大学生・社会人を一括開催で行い、1巡目だけ重複抽選制で行うことを決めた。  これに伴い、現行9年のフリーエージェント(FA)資格取得期間を今年の新人選手から国内移籍は大学生・社会人が7年、高校生は8年に短縮することも決めた。海外移籍は9年のまま。14日に日本プロ野球選手会と話し合いを行い、今回のNPBの決定事項を提示する。...